03-5652-8030

手続きの方法

特別加入の手続き

先日、ネットビジネスで起業しました。社員5名の小規模な会社ですので、代表取締役の私も現場の第一線で業務を行っています。そこで万が一を考え、労災保険特別加入をしたいと思っていますが、手続の概要を教えてください。また、この手続きは、誰でもできるものですか。

 お答え致します

中小事業主等が特別加入をするためには、
(1) 雇用する労働者について保険関係が成立していること  (2) 労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること
詳しくはこちら

以上2つの要件を満たし、所轄の都道府県労働局長の承認を受ける必要があります。したがって、事務委託を受けた労働保険事務組合が手続をすることになりますので、会社のご担当者が直接手続をすることはできません。

なお、事務委託の範囲は、雇用保険の事務手続きや労働保険料申告納付等の労働保険全般となり、特別加入手続きのみに限定することはできません。また、事務委託に係る費用が発生します。
詳しくはこちら

特別加入申請手続きの流れ

加入の手続きの流れ

「特別加入申請書」を所轄の労働基準監督署長を経由して労働局長に提出します。特別加入申請書には、特別加入を希望する人の業務の具体的な内容、業務歴および希望する給付基礎日額等を記入する必要があります。

加入の範囲

(原則)
事業主本人のほか、家族従事者など労働者以外で業務に従事している全員を包括して加入申請を行う必要があります。

(例外)
病気療養・高齢その他の事情により、実態として事業に従事していない事業主は、包括加入の対象から除くことができます。

※注意事項※
(1) 補償の対象は、あくまでも労働者の行う業務に準じた業務の範囲であり、特別加入者の行う全ての業務に対してではありません。
(2) 取締役ではあるが業務執行権が無く、労働者として認められる可能性が高いにも関わらず、特別加入したばかりに補償の対象外になる場合があります。代表権・業務執行権を有する者で、労災保険の補償を期待する場合は、特別加入以外に選択肢はありませんが、それ以外の取締役等は、労働者として認められる場合もありますので、加入に注意する必要があります。

中小事業主等特別加入制度のことなら特別加入ドットコムにご相談を!